180度反転式ダイスポッティングプレス

金型を締める作業において使用し、初期の型合わせ、型メンテなに便利です。
ダイスポッティングプレス型締めをして加圧後に、下型を移動して上型を180度回転することができ、安全に型締め状況により精度よく金型を修理することができます。

ダイスポッティングプレス

興連盛のダイスポッティングプレス製品は世界の多くの場所で、異なる背景のお客様に広く受け入れられ使用されて、優れた製品を生産しています。

1998年創立の興連盛は、経験豊かな金属加工スペシャリストからなる基本メンバーが協力して築き上げました。人員のダイスポッティングプレス経歴は平均20年を超え、研究、開発を専門とし、金属成型産業の発展傾向に対し、十分な理解と実務経験を有しています。早期は世界各地の自動車産業のサプライチェーンにおいて発展し、TOYOTAのサプライチェーンに参入しました。またISO9001国際品質認証を獲得し、カナダなどへの輸出成績が称賛されています。

型式 CDP-50 CDP-50 CDP-100 CDP-150 CDP-200 CDP-250
出力 (ton) 50 50 100 150 200 250
テーブル面積 (mm) 800×700 1000×800 1300×1000 1500×1200 2000×1500 3000×2000
オープハイト (mm) 800 800 1000 1200 1500 2000
ストローク (mm) 800 800 1000 1200 1500 2000
反転角度 180 180 180 180 180 180
下降スピード (mm/sec) 60 120 120 120 120 100
低速下降 (mm/sec) 5-10 5-15 5-15 5-15 5-15 5-15
上昇能力 (mm/sec) 60 120 120 120 120 100
引き上げ能力 (ton) 20 15 30 35 40 50
モータ (HP) 10 15 20 30 40 50

特に自動車と家電産業の生産ライン上で、興連盛のダイスポッティングプレスが世界中のお客様を手助けして、信頼できる専門的製品を製造しています。

その後、さらに製品市場を日本、アメリカ、オーストラリア、エクアドルなどの地を一歩一歩開拓し、有名メーカーとも協力しています。ダイスポッティングプレスしかもCE認証を獲得し、また台湾でも表彰され認められています。国外だけでなく台湾においても、象徴的な成型機の大メーカーです。